Sラボ Mail Vol.8

メルマガ通信


※バックナンバーです。

メンバー紹介

クロラビST 急性期担当、2人の子どものママST 現在は育休中、4月から復帰予定。   「日々、リスク管理」 こんにちは!急性期担当ママ クロラビSTです。 次女が6ヶ月になり、産後ダイエットに励んでいます。産後半年は痩せると言いますが、なかなか体脂肪も体重も落ちない…笑 けど、病的ではない。 産後は筋肉量が減って基礎代謝が低下してるから痩せにくい。 じゃ基礎代謝あげればいいじゃんって話なんですが、なかなか腰が重いのです。笑 急性期では入院後すぐ体重が減る患者さんが多数かと思います。 臥床による活動量低下(フレイル)→筋力低下(サルコペニア)→疲労してさらに動かない。という悪循環 こうなると病的ですよね。病気を治療するために入院してるのに二次的な障害を引き起こします。 さらに、高齢患者さんやMCIの患者さんは、不穏やせん妄状態となり、鎮静下であったり、抑制をすることもあります。 なので、前回も少しお話ししましたが、リスク管理をしながらなるべく早い段階から通常の生活と同じ「日常生活動作」を取り入れる。ということを私は意識しています。 では、リスク管理で大事なことは?! 急性期は病気の種類が多いので、大変!と思われそうですが、大切なのは患者さんの変化をとらえる事です。 もちろんリスク管理の文献にあるような中止基準などは前提ですが、睡眠、内服、身体機能、バイタルなど、少しでも前回と違うことがあれば、その理由を調べる。 これが病気を理解して、安全なリハビリを提供する近道かなーと思っています。 わたしもケーシーのズボンが入らないリスクに陥らないよう、頑張ろうと思います。笑 かしこ

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示