Sラボ Mail Vol.9

1分で身につけるがテーマの無料メルマガ配信

※バックナンバーです。

こんにちは!

Sラボ代表STあおいです。


いつもご購読してくださりありがとうございます!   鬼滅の刃新シリーズがテレビで始まりましたね!(^^)/♪(笑) Sラボ先生にビデオ撮りました?って言ったら、懐かし~!百年くらい前にそういうのあったね~!と言われました・・(百年ではないと思う!(笑)) 「ビデオを撮る・・」皆さんは使わないですか?(>_<)汗 わたしは未だ言ってしまう、古いタイプの人間です(笑) さて、本日は、 テーマ「失語症のタイプ分類の目星をつけるテクニック」 シリーズ②’:「失語症4つの要素的症状の1つ「2.音韻性錯語(失構音を伴わない )」」をお届けします。


「失語症のタイプ分類の目星をつけるテクニック」 シリーズ②’:失語症の4っの要素的症状の一つ 2.「音韻性錯語(失構音を伴わない)」 錯語とは・・言い間違えのこと →その言い間違えはどこのレベルで起きているのか? 語のレベル? 音(音節,音素)レベル?


1.語性錯語 語のレベルでの誤りを語性錯語という。 ex:「桜」→「梅」と言ってしまう。 この反応はどの失語タイプにもみられるため、タイプ分類の指標にはならない。


2.音韻性錯語 ・音のレベルの誤りは音韻性錯語という。 ex:「さくら」→「さこら」と言ってしまう。 ・唯一責任病巣が明らかであること、音韻性錯語は言語レベルの障害であり、意識状態の低下や全般的知的機能の低下ではほとんど出現しない点で、有用な局在徴候である。 ・失構音を伴わない音韻性錯語は、左縁上回を中心として、左上側頭回~縁上回~中心後回どこが損傷されても出現する。 ・上記の前でも後ろでも音韻性錯語は出現しない、したがって音韻性錯語の出現は、 超皮質性失語にとって除外所見になる。


※中心前回損傷では失構音が出現し、現象としては音韻性錯語が出現する。 しかし、この場合の音韻性錯語が失構音のために音が歪んで別の音に近くなって出現したのか、側頭葉~頭頂葉損傷による失構音のない音韻性錯語と同じ性質のものなのかは明らかではない。 そのため、中心前回以外の部位を


‘失構音を伴わない音韻性錯語’と表現する。

*次回は4つの要素的症状の一つ「③喚語困難」について解説していきます。 参考文献:大槻美佳:高次脳機能障害各論1.失語症A.失語症の定義とタイプ分類神経内科.68[Suppl.5]:155-165,2008 大槻美佳:失語症.高次脳機能研究,第29巻第2号:194‐205,2009


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示